生涯キャリアウーマンのススメ

働く女性のこれから

政府が声高に叫ぶ「女性が光り輝く社会の実現」という言葉の浸透により、働く女性の数が激増しているといいます。その傾向については、何とも頼もしい傾向ということができます。

そんな中において女性が直面する問題として、家庭内での役割などといったことへの考え方が大きくクローズアップされてきています。男女平等の社会になったとはいえ、まだまだ、その実態は道半ばという声が聞こえてくるのが現状です。子どもを産み、育て、一人前にするのは、妻の仕事だというような風潮が今でもなおあるのが事実です。また、女は結婚して、子どもを産むのが仕事だという事を声高にいう人がいるのも実態です。働く女性に家事も子育てもすべて押し付けるのは、あまりにも不平等でおかしな話です。男女共に無理なく働けるようになるためには、女性の仕事に対する考え方を見直すことが早急に求められています。

昨今においては、手に職をつけることによって、一生涯の仕事につなげていこうという動きが大きく巻き起こっています。具体的には、美容師や看護師、薬剤師などの資格を持つ人が強い存在感を指し示しています。このような人が就職した場合は、万一、結婚や出産、家族の介護などによって職場を離れていたとしても、いつでもその資格を武器にして、職場に復帰することができるというアドバンテージを持っています。景気不景気の波にも襲われることは少ないといえるでしょう。

一生ものの資格は、自分の将来をしっかり守ってくれます。極端にいえば、資格や技術力に定年はないといえます。高齢化社会の進行により、ますます長く働くことが求められているため、より一層資格の重要性は高まるでしょう。一生ものの資格を取りたい女性は、ぜひこちらも御覧ください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です