生涯キャリアウーマンのススメ

女性に有利な専門職

近年、女性の社会進出はあたりまえになっており、結婚後に男性に頼らなくとも、たくましく生きる女性が増えつつあります。妊娠、出産といったライフスタイルによって男性よりも、仕事の選択肢が狭まってしまうのは事実ですが、その分専門職のように手に職をつけておけば、どのような状況になっても仕事復帰をする際には優位になります。

一般的に専門職というと薬剤師、栄養士、看護師などの国家資格を想像します。このような資格職に有利な点は、一度退職したあとにも仕事が探しやすく、ライフスタイルに合わせて仕事内容を選定することができる点です。女性のイメージが特に強い看護師を例に挙げてみましょう。看護師はきつい仕事というイメージがあり、結婚後に退職をしてしまう人も多いです。しかし、看護師の資格を活かせる職先は多岐に渡っており、ずっと病棟をかけまわるような忙しい職場ばかりではありません。

さらに、現在では短時間勤務やパートタイムを採用している場所も多く、ライフスタイルにあわせて勤務時間を設定している人もいます。また、24時間保育園を併設し、小さい子供がいても2交代ないし3交代ができるような配慮をしている病院も増えてきています。このように結婚や出産後でも自分の生活にあわせて継続して働くことのできる看護師は人気が高いです。また結婚していると、配偶者の転勤により職場を退職せざるを得ない場合があります。しかし資格を有していることで、引っ越し先でも条件に合った仕事場所を探すことが一般職に比べて優位となります。

このように、女性が看護師の資格をもつことのメリットは多くあります。女性の需要が高い仕事だからこそ、女性を第一に考えた体制があるのです。こういった背景を考えて、専門スキルを身につけると後々助かるかもしれませんね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です